自由治療

インプラント

インプラントとは

『インプラント』という言葉をご存知でしょうか?
「詳しくは知らないけど聞いたことはある。」という方が多いのではないでしょうか?
インプラントは入れ歯とは異なり、顎の骨の中に人工の歯を植え込む治療法です。長期的に安定し、噛む力も見た目も入れ歯に比べ格段に良くなります。

保険治療ではありませんが、長い目で見たときに1日1日を快適に過ごすためと考えるとそこには大きなメリットがあるのではないでしょうか?
ここでは当院が行っている、インプラント治療についてご説明させて頂きます。

従来の治療法との比較

インプラント

【メリット】

  • 天然歯と同様の咀嚼能力を回復。
  • 天然歯と同様の感覚を回復。
  • 周囲の歯を犠牲(削らない)にしない。
  • 歯を失った部分の顎の骨を守る。
  • 他の修復物より長期的に使用できる。

【デメリット】

  • 手術が必要となる。
  • 治療期間が他の修復物より長い。
  • 骨量・質により治療の適応が限られる。
  • 保険非適応のため、費用がかかる。
入れ歯

【メリット】

  • 自分で取り外せるため、お手軽である。
  • 短期間で機能回復が期待できる。
  • 保険が適用となる。

【デメリット】

  • 年月とともに、作り変えや調整が必要。
  • 長期間安定した咬合を維持できない。
  • 入れ歯を支える骨や歯を損失する危険性がある。
  • 装着時の違和感・発音生涯などの問題が生じる。
ブリッジ

【メリット】

  • 美しく自然な外観を回復できる。
  • 自然な咬み合わせの回復。
  • 十分な咀嚼能力の回復。

【デメリット】

  • 健康な歯を削らなくてはならない。
  • 健康な歯が両側にないと適応外となる。
  • 土台とする歯に過度の負担が生じる。
  • 新たに歯を損失する危険性がある。
  • 清掃しにくく不衛生である。
インプラントの手順
1.検査
まずは口の中の総合的な検査を行います。(虫歯、歯周病の進行状態の把握など)
その後、インプラント治療が必要な方にはカウンセリングルームにおいてインプラントについての十分な説明をさせて頂きます。
説明によってご理解頂いた後にCTレントゲンによってインプラントが必要な箇所や骨の状態などを確認するための資料になるレントゲン写真を撮影します。また、お口の型取りなども必要に応じて行います。それらを用意した上で治療計画を立てていきます。
※この際、歯周病治療や虫歯の治療など基本治療が術前に必要な方はそちらを優先に行います。
2.インプラント埋め込み
インプラントの埋め込み手術は一次手術と二次手術に分けて行います。
【一次手術~治癒期間】
顎の骨にインプラントを埋め込みます。術後3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと顎の骨が強い力で結合されます。(オッセオインテグレーション)。
この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。
【二次手術~人工の歯を作製・装着】
歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。
二次手術を行わない1回法の手術法もあります。歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。セメントにより固定します。
3.メンテナンス
お口のケアの仕方やクリーニング(PMCT)などのアフターケア(メインテナンス)を定期的に行います。
このページのトップへ

白い歯にするには

オールセラミック

セラミックのみでつくった被せものです。
金属を一切使用していないため、歯の透明感を失うことなく自然な歯の色を再現できます。
金属アレルギーの方に最適です。

【メリット】

  • 審美歯科の王様といわれ、透明感のある美しい仕上がりになります。
  • 金属を使用していないのでより本物の歯に近い透明感が再現でき、身体への悪影響がありません。

【デメリット】

  • メタルボンドよりも2割~3割程度高価です。
※料金は、各ホワイトエッセンスによって異なりますので、直接各医院にお問い合わせください。


メタルボンドセラミック

前歯の治療で最もポピュラーな方法です。
メタル(金属)でつくった被せ物の表面にセラミックを焼きつけて歯の白さを再現していく方法です。

【メリット】

  • 審美性の高いセラミックと、耐久性の高いメタルの両方の長所を兼ね備えています。
  • カラーレスメタルボンドは金属部分がセラミック部分 に内蔵されるので、見た目の審美性にも優れています。

【デメリット】

  • メタルの影響でオールセラミックスクラウンに比べると少し透明感が少なくなります。
※料金は、各ホワイトエッセンスによって異なりますので、直接各医院にお問い合わせください。

施術の手順
1回目の来院
X線撮影他、検査を行い虫歯の大きさ、歯の根の病気の有無など、現在の歯の状態を調べ、治療計画を立てます。
最適な形のセラミックを製作するために歯型を取ります。
2回目の来院
麻酔をします。無痛治療を心がけています。
セラミックをかぶせるために必要な厚み部分のみ切削します。
その後、仮歯を装着します。
3回目の来院
歯の色にあったセラミックの冠を装着し、噛みあわせを調整します。
ご希望により、歯の大きさや、色、形も自由に変えられます。

ハイブリッドセラミック

70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ていて、保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックのちょうど間の素材と考えていただくと良いかと思います。

【メリット】

  • 自分の歯に合わせやすい色なので、自然で目立ちません。
  • 歯と同じ硬さなので、自然な噛みごごちですが割れにくいです。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
  • 通常のセラミックよりも安価です。

【デメリット】

  • あくまで素材は超高品質のレジンであり、セラミック100%ではないので、 セラミックに比較すると耐久性が少し劣ります。
ハイブリットとセラミックの違い
両方とも色調は白い天然の歯の色となりますが、長期的な色の変化はハイブリットの方がセラミックと比較すると少し変色してきます。
硬さもハイブリットの方がセラミックと比較すると柔らかいです。
価格は、ハイブリットのほうが少し安いです。
このページのトップへ

デンタルエステ

オフィスホワイトニング

クリニックに来院して頂き、行うホワイトニングです。
使用するホワイトニング剤は、通常30~35%過酸化水素を使用します。
ホームホワイトニングに比べて濃度が高いものを使用し、 短時間でホワイトニングが可能です。
1回のホワイトニングの時間は90分くらいで、通院回数は、2回~数回繰り返す方がいます。 オフィスホワイトニングの手順
歯の表面にホワイトニング剤を塗り、光(ライト)をあて、ホワイトニング剤を活性化してホワイトニングします。
オフィスホワイトニングは、早く歯を白くしたい方や、 自宅でマウスピースをはめるのが面倒な方におススメです。
診療室で、お口を開けているのがいやな方や、ホワイトニングの時間を拘束されるのがいやな方は、ホームホワイトニングをおススメします。
オフィスホワイトニング後は、24時間は、色の濃い飲食物は食べられませんのであらかじめご自身のスケジュール調整が必要になります。

ホームホワイトニング

自宅で自分で行うことができるホワイトニングです。
使用するホワイトニング剤は、通常10%過酸化尿素を使用します。オフィスホワイトニングより濃度が薄いので、時間をかけて(2~4週間くらい)、ホワイトニングをしていきます。
効果は1週間くらいで、現れてきますが、あまり効果が見られないようであれば、期間を延長する必要があります。
ホームホワイトニングは、好きな時間に、自分のペースで行うことができますが、時間がかかるため、早く歯を白くしたい方や、毎日続けることが困難な方は、オフィスホワイトニングをおススメします。 ホームホワイトニングの手順
1.歯型をとってマウストレーを作成します。
2.トレーにジェルを入れ、装着します。
マウスピースを装着しても会話もできますし、透明なので、よく見ないと他の人からは装着していることもわかりません。
ホームホワイトニング後は、約2~3時間は、色の濃い飲食物は食べられません。

ガムホワイトニング

~歯茎の黒ずみでお悩みの方!当クリニックでご相談下さい。~

通常1~2度の歯肉のホワイトニングでバージンピンクな歯肉があなたのものになります。
歯茎が黒ずんでいる場合、これはメラニン色素によって引きおこされています。メラニン色素を除去することで健康的なピンク色を取り戻すこと が出来ます。
歯ぐきの色が悪くなる原因
いちばん多いのは、歯の治療に金属を使っている場合です。これも広い意味の金属アレルギーで金属(金属の種類にもよります)が刺激になってメラニン細胞が増えるので、歯ぐきが黒くなるケースがあります。
2つ目は、さし歯です。さし歯が合わなくて歯ぐきが炎症を起こし、さし歯の部分の歯ぐきが黒くなるケースです。
3つ目が歯槽膿漏(歯周病)です。歯槽膿漏の原因はプラーク(歯垢)ですが、プラークがたまると歯ぐきに血行障害が起き、歯ぐきが紫色っぽくなってきます。

フッ素コーティング

~歯の表面を強化し、抗菌作用もあると言われるフッ素~

フッ素の虫歯抑制効果を利用したもので、歯に直接塗布することによって虫歯の予防をはかるという方法です。
萌出して間もないほど予防効果は大きいと考えられます。塗布方法には、綿球法とトレー法があります。
【綿球法】 綿球に塗布液を含ませ、歯に軽く押し当てて塗る方法です。
【トレー法】 トレーの中に液をしみこませた濾紙などを入れ、これをくわえさせて歯に塗る方法です。
歯面への塗布は、フッ素を小綿球で塗るだけです。
この際、歯をよく乾燥させる必要がありますので、しばらく口を開けたままの状態に保たなければなりません。
このページのトップへ

医療費控除について

インプラントや、歯列矯正をはじめ、全ての歯科治療における治療費及び診査費は医療費控除の対象となりますので、確定申告をすることによって実際の費用負担を軽減することができます。

医療費控除とは

自分自身や家族のために、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超える場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。(年収によっては10万円以下でも可能)
医療費控除は、所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

医療費控除の対象となる医療費の要件

1. 納税者が自分自身又は自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費である事。
2. その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費である事。

医療費控除を受けて還ってくる金額

(医療費の合計額※1-保険金などで補てんされる金額)-10万円※2 = 医療費控除額
※1.その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。
※2.所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。
  • 病院までの交通費も控除の対象となるので、日時・病院名・交通費・理由をメモしておくことや、医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておくことも必要です。
    ただし、車で通った場合の駐車場代やガソリン代は控除の対象となりません。
  • 控除できる金額は200万円までとなっています。
  • 所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。
  • 医療費控除は、本人の医療費だけでなく、家計が同じなら配偶者や親族の医療費も対象となります。
    また、共働きの夫婦の場合で、妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できますから、収入の多い方で医療費控除の確定申告を行えば、それだけ戻ってくる金額が多くなります。

控除を受けるための手続

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。

医療費控除の対処となるもの

  • 保険治療
  • 金属や陶材を使ったかぶせ物、入れ歯費
  • インプラント費
  • 発達段階にある子供の歯列矯正費
  • 治療のための通院費(小さいお子さんの付添い人の交通費も含む)
    ※自家用車でのガソリン代・駐車場代は含まれない。タクシーも注意。
  • 歯科ローンで払う治療費

医療費控除の対象とならないもの

 ※予防・美容・健康維持増進のためのものは不可。
  • 歯ブラシ等の衛星用品代金
  • ホワイトニングの料金
  • フッ素の料金
  • 歯科ローンの利子
  • 自家用車でのガソリン代・駐車場代は含まれない。タクシーも注意。
このページのトップへ